反社会的勢力に対する基本方針

反社会的勢力に対する基本方針

積水ハウス投資顧問株式会社(以下、「当会社」といいます。)は、市民生活の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力および団体(以下、「反社会的勢力」といいます。)と断固として対決する体制整備に取り組み、公共の信頼を維持し、業務の適切性および健全性の確保に努めることを目的に、反社会的勢力に対する基本方針を次の通り定めます。

  1. (1)当会社は、反社会的勢力に対して、担当者や担当部署だけに任せずに、組織として対応します。
  2. (2)当会社は、反社会的勢力に対して、警察、全国暴力追放運動推進センター、公益財団法人暴力団追放運動推進都民センターや弁護士等の外部専門機関(以下、「外部専門機関」といいます。)と連携して対応します。
  3. (3)当会社は、反社会的勢力との間で、合法的であると否とを問わず、また名目の如何を問わず一切取引を行わず、一切の関係を遮断します。
  4. (4)当会社は、反社会的勢力より不当要求を受ける等の有事においては、積極的に外部専門機関に相談し、民事及び刑事の両面から法的な対応を行います。
  5. (5)当会社は、反社会的勢力との間の裏取引及び資金提供をいかなる理由であっても一切行いません。

当会社は、不当要求へ対応する役職員の安全を確保するため、反社会的勢力との交渉には、外部の弁護士等を含めて必ず2名以上で臨むこととし、極力当会社等の管理が及ぶ施設内で応対するものとします。その際、随時警察への通報が可能な態勢を確保します。
また、当会社は、上記一連の取組の結果について取締役会等に報告する等、経営層も含めた全役職員が一丸となって反社会的勢力に対応します。