お客様本位の業務運営に関する方針

積水ハウス投資顧問株式会社(以下、「当会社」といいます。)は、積水ハウス・リート投資法人より資産運用にかかる業務を受託しています。
当会社が属する積水ハウスグループは、企業理念として、根本哲学を「人間愛」、基本姿勢を「真実・信頼」、目標を「最高の品質と技術」、事業の意義を「人間性豊かな住まいと環境の創造」に据えています。根本哲学である「人間愛」とは、「人間は夫々かけがえのない貴重な存在であると云う認識の下に、相手の幸せを願いその喜びを我が喜びとする奉仕の心を以て何事も誠実に実践する事」であり、積水ハウスグループは、この「人間愛」に根差し、「真実・信頼」を旨として、「最高の品質と技術」の提供を通して、「人間性豊かな住まいと環境の創造」という使命を担ってまいります。

当会社は、金融庁が2017年3月30日付で公表した「顧客本位の業務運営に関する原則」全てについて、採択しております。当会社のお客様本位の業務運営に関する方針は以下のとおりです。

1. お客様本位の業務運営を実現するための取組方針

当会社は、積水ハウスグループの一員として、上記の企業理念に則り、質の高い社会資本の提供と投資主価値の最大化を目指し、お客様本位すなわち積水ハウス・リート投資法人及び同法人の投資主様本位の業務運営に取り組んでまいります。また、定期的に取組状況や取組成果を確認し、必要に応じて方針を見直すことで、より良い業務運営を実現してまいります。

2. お客様の最善の利益の追求

当会社は、積水ハウス・リート投資法人の資産運用会社として、スポンサーである積水ハウス株式会社(以下、「積水ハウス」といいます。)の不動産開発力及び運営力等、積水ハウスグループとしての専門性を最大限に活用し、積水ハウス・リート投資法人及び同法人の投資主様の最善の利益を図るよう努めます。

3. 利益相反の適切な管理

当会社は、スポンサーである積水ハウスの多様なサポートを成長戦略に最大限に活用していくことで、投資主価値を最大化することを目指しますが、一方で、積水ハウスと積水ハウス・リート投資法人との利益相反により投資主利益を損なうことがあってはならないと考えております。
当会社は、「利害関係者取引規程」を策定し、法令に基づく利害関係人等の範囲よりも広く定義した利害関係者との取引について、第三者性を確保したガバナンス体制の構築や、投資主様と積水ハウスの利益の一致を図る取組みを採用することで、利益相反が生じるリスクを適切に管理いたします。
第三者性を確保したガバナンス体制につきましては、積水ハウス・リート投資法人のホームページ内の投資法人の特徴、ガバナンス体制をご覧ください。
http://www.sekisuihouse-reit.co.jp/ja/strengths/governance.html

4. 手数料等の明確化

当会社は、積水ハウス・リート投資法人より委託を受け資産運用に係る一切の業務を行っており、その対価として積水ハウス・リート投資法人から運用報酬を受領しております。当会社は、対価に見合った資産運用業務の遂行により投資主価値の最大化に努めるとともに、その対価の内容や金額について有価証券報告書等において適切に情報提供してまいります。
また、積水ハウス・リート投資法人がその他業務の外部委託先へ支払う手数料の内容についても、高い透明性を保つべく有価証券報告書等において適切に開示いたします。
手数料の内容に関しましては、積水ハウス・リート投資法人のホームページ内のIR情報、IRライブラリーに掲載しております、有価証券報告書の「第一部 ファンド情報 第1 ファンドの状況 4 手数料等及び税金」をご覧ください。(http://www.sekisuihouse-reit.co.jp/ja/ir/library.html

5. 重要な情報の分かりやすい提供

当会社は、積水ハウス・リート投資法人の投資判断上重要と考えられる情報を積極的に開示するものといたします。また、情報の透明性及び分かりやすさに配慮し、法定開示以外の情報開示についても、迅速、正確かつ公平な情報開示に努めます。
当会社は、投資主様に公平な情報取得機会を提供できるよう、正確かつ有用な情報を集約できる体制を構築し、速やかに開示できるように努めます。

6. お客様のニーズを意識した資産運用

当会社は、戦略的立地に所在する、又は高品質な商業用不動産について、中長期にわたる安定した収益の確保が期待される投資対象であると考え、これをプライム・プロパティと呼称し、投資対象の中核としています。
加えて、当会社は、積水ハウスが掲げる「サステナブル・ビジョン」に基づいた“サステナブル(持続可能な)社会の実現”の一端を担うべく、ESG(環境・社会・企業統治)へ配慮した不動産投資運用を行い、テナント企業様の事業の「持続可能な活動拠点」を提供しています。
当会社は、こうしたプライム・プロパティへの投資により、中長期にわたる安定した収益の確保と運用資産の着実な成長を実現するとともに、投資主様のニーズを把握し、投資主様等にふさわしい資産運用を行うよう努めてまいります。

7. 従業員に対する適切な動機づけの枠組み等

当会社が属する積水ハウスグループでは、企業理念・行動規範や企業行動指針・企業倫理要項を掲載した小冊子を全従業員に配布し、周知・遵守を図っています。さらに、毎年、全従業員を対象として「ガバナンス意識調査」を実施し、企業倫理意識や職場環境等の現状を把握し、組織単位での意見交換の機会を設けながら、よりよい職場風土づくりに注力しています。さらに、当会社においては、常に積水ハウス・リート投資法人及び同法人の投資主様の最善の利益を追求して行動するよう、社内教育、研修等を通じて適切な動機づけを行い、お客様本位の業務運営が企業文化として定着するよう努めてまいります。